社労士試験

TAC 全国中間模試の成績表が返却されました

 

こんにちは、じぇいりしです。

 

100日毎日更新を達成してから社労士試験にフルエンジンなのでブログ更新を止めています。

 

6月中旬に実施したTAC 全国中間模試の成績表が返ってきました。

 

めちゃくちゃな点数ですが自分の戒めの為に晒しておきます。

 

こちらです。

 

TAC 中間模試

 

!?!?!?!?!?!?

 

ふぁ!?!?!?!?

 

“D判定”

 

 

。。。。。。。。。。

 

それもそのはず。

 

問題を解いていて、きちんと分かった問題は3問くらいでしたから。。

 

初めてフルで解く模試ということもあり、時間も全然足りず。

 

社労士試験5時間も長すぎやん絶対時間余るやん!(←実は結構厳しかった。

 

税理士試験の模試ではことごとくA判定かS判定以上だった私からすると結構衝撃的でした。

 

少し中身を掘り下げていくと、選択式はなぜか合格ラインに乗っており基準点割れもなく、まずまずの成績。

 

問題は択一式ですね。


・労基と常識が基準点割れ

・得点のバランスが悪い(労働科目に偏っている)

・目標点に大幅未達

 

はい、つまり一言でいうと「やばい」ですね。

 

仕事が忙しかったとか最近までブログに比重を置いていたとか

言い訳をしようと思ったら次々に出てくるのですが言い訳はしません。

 

単純な実力不足です。

 

働きながら半年で相続税法を合格した私からすると「時間が無いから勉強できなかった」は史上最高にださい言い訳です。

 

それを今自ら使おうとしてしまった。。。

 

反省して勉強します。

 

※追記・・・先日大原の全国統一公開模擬試験1回目の成績が返ってきました。まずまずの成績だったので明日公開します。

ABOUT ME
じぇいりし
じぇいりし
25歳某大手税理士法人勤務。会社勤めしながらブログと投資の三刀流でセミリタイアを目指しています。このブログでは、主に試験勉強法とお金の知識について発信:-)